スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←*超短編妄想劇☆『仕事熱心なその男。』(完) →*第5話。夜空に輝く月と星・・・(前)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【*超短編妄想劇☆『仕事熱心なその男。』(完)】へ
  • 【*第5話。夜空に輝く月と星・・・(前)】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

*番外編☆短編妄想劇『俺と彼女と・・それからアイツと・・』完結

*短編☆妄想劇『俺と彼女と・・それからアイツと・・』1

 ←*超短編妄想劇☆『仕事熱心なその男。』(完) →*第5話。夜空に輝く月と星・・・(前)
「あれ・・ヒョン・・
   うちに・・誰かいる・・」

A.N.JELLの車から一番に降り、
     笑いながら、後ろを向いて、先に駐車場から宿舎へと向かったジェルミ・・

ふと、宿舎の方へと目をむけると。
      その、足を止めて言った。

指を指し、
  目はそのままに、身体だけ、少し後ろへと向けると・・・

「・・・?」

後ろから、
  一歩遅れて、同じようにふざけていたミナムが。    (・・いきなり止まったジェルミにぶつかり・・)

その、
  身体を傾けた隙から、
      テギョンとシヌが、その姿を現した。

「・・・・・。」
一人・・
  怪しむように目を細めて近づくテギョン・・。
☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡 ☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆

短編☆番外編

       俺と彼女と・・それからアイツと・・・

彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡 ☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡.。.

「お前・・誰だよ・・」

一人、先に近づいて行ったテギョンに・・
   その・・突然の訪問客が、言った・・。

「!??」
テギョンが、目を見開いて、首を傾けながら、
               その訪問客を見下ろした。

ー・・・年は・・
   9つか10くらいのその・・少年・・

まるで、
  テギョンが怪しい者であるかのように、目を細めると、

      つん!!!!

顔を、思いっきり、
       そむけた。

「・・この・・!!!!」

テギョンがその、
   歯を食いしばったとき・・・

ジェルミの後ろで、
   まだぶつかった鼻をさすりながら、
      ようやくその存在を見たミナムが、

「あちゃ~・・あいつは・・」

そう・・
   呟いたとき・・・


「!!!ギウ!!!」

A.N.JELLの車の最後から、
   何も気づかず、ワンコーディとともに、ゆっくりと降りてきたミニョが・・

その存在を見た瞬間・・叫んだ。


頬の横に下がる、肩より長い、
   ゆるいウェーブのかかった髪。

白い、もこもことウサギのしっぽのようなぼんぼりのついた
   カチューシャをその頭の上につけ、
    頭の真上に、大きくふんわりとアップにしたミニョ。

白のニットのネックウォーマーに、
  白のもこもこが先についた、
   ベージュの、ワンピースコートを着ていた。

立ち止まったミニョの後ろ姿は、
   コートの腰元がぎゅっと締まった形になっており、
        大きなリボンが、可愛い。

仕事用の、
  少し高いヒールで

よろけながらも、
   急いでその、『ギウ』の元へと駆け寄ろうとしたミニョ・・。

「ミニョヌナ!!!(ミニョお姉ちゃん!!)」

途端に、
  その超生意気だったガキ少年が、顔を変えて大声で叫ぶと、

大きな荷物をその場に置いたまま・・・

     駈け出した・・


「ヌナ!!!

  会いたかった!!!!」

思いっきり、
   ミニョへと抱きつくその少年。

「きゃ・・」

その衝撃で、
   よろけかけたミニョを・・

ちょうど、横にいた、
   シヌ、ジェルミが、
後ろと横から、
   手で支えた・・。

「大丈夫か・・?」
支えたシヌの胸元へと、ミニョがもたれかかるように後ろから、頭をつけ・・

その・・
  ミニョの胸元には・・・

『ギウ』と呼ばれた少年が
     思いっきり、顔をうずめたまま、
        ぎゅうっと抱きついていた。

~~
っ!!!

ミニョが倒れる瞬間、
     一歩、足を出そうとしたテギョン・・。

シヌの胸元にいるミニョに・・
    その、両腕に手を置くシヌに・・

一瞬。。

   むっとしたように、

  目を見開き、
     口を尖らせたが・・・

次の瞬間には、
  別のことで頭は埋め尽くされてしまった。


「!!!!!」
目をさらに見開いたテギョン・・

    考える前に、
      その足は前へと出ていた・・・。

「ありがとうございます・・」
シヌとジェルミへと、
   柔らかく笑うと、
「よいしょ・・」
    身体を起こし、
      体勢を整えたミニョ。


だが、まだ顔を隠すようにぎゅうっと、抱き着いたままの少年に・・
「ギウ?
  いったいどうしたの?」
優しく聞くミニョ・・・。

ぎゅ・・
 ミニョに思いっきり抱きついたままのその少年・・。

すりすりすり・・
   ミニョの・・胸元に・・・顔をうずめたまま・・・
       思いっきり、その顔を・・・その胸に擦り寄せたのだ。

ば!!!!!

目を見開いて唖然とした、
   シヌと、絶句状態のジェルミの前から、

テギョンがそのギウ少年の肩を掴むと、
            ミニョから思い切り、無理やりに引き離した・・。

「オッパ?」

何もおかしな点は感じてはいないであろうミニョが、
    そんなテギョンを不思議そうに見た。

そのミニョの目に・・・

っぱ。
  こんな子供にムキになってしまった自身を今更思い出したかのように、
        しまったとばかりにその手をその肩から離したテギョン。

「そ・・外は寒い・・

   と・・とりあえず中へ入ろう。」

離した手を、来ていたコートのポケットへと入れると、
  その少年へ目を向けることなく、
       またも、先にすたすたと行ってしまった。



首を傾げながらも、
  意味ありげにくすりと笑うと、
 
「はい♪」
  素直に返事をしたミニョ。

そんなミニョを、ギウはじっと見上げて見ていた。

「ギウも、一緒に入りましょう?
     礼儀正しくするんですよ?」
修道院でのミニョに戻ったかのように、
     静かにその少年に笑いかけたミニョ。

その少年の肩へと腕を回すと、
   テギョンの後を嬉しそうに追った。


じっと見ていたギウの目が一瞬・・・
  
そんなミニョの目の先のテギョンを・・
        鋭く細めた目で睨んだギウ・・

だがすぐに、ミニョに肩を包まれると、
  少し、嬉しさを隠すように、
      照れくささを隠したように笑いながら、
ミニョとともに、
    素直に宿舎へと入って行った。

~~
「や~☆

   厄介なやつが来た・・」

陰に隠れていた、
   ミナムが突然、シヌとジェルミの間から、

      顔を出した。

「うわ!
   びっくりした!!」
ジェルミが、大げさに驚くと、
  ギウの去った後を見たままのミナムを見た。

『厄介な奴』
その・・言葉とは反対に、
    何やら面白そうに、その口許を・・上げたミナム。

そんなミナムを静かに見ていたシヌ・・

「俺たちも入ろう。」
黒の、ニット式のネックのついた、
   黒と白のチェックのジャケットのポケットへと手を入れつつ、
       大股で、宿舎へと向かった・・。


「どういうことだよ・・
    アイツ、誰?」
ひじでつつきながら、
  横のミナムへと目を向けつつ、
       顔をしかめるジェルミ。

「まぁ・・

  見てればすぐ、分かるよ♪」
ミナムが、ジェルミには顔を向けず、
  口許まで隠した、ニットウォーマーから、響く声でそう、答えた。

*:..。o○☆○o。..:*゜*:..。o○☆○o。..:*゜*:..。o○☆○o。..:*゜*:..。o○☆○o。..:* *:..。o○☆○o。..:*゜*:..。o○☆○o。..:

振り返ると忘れた作品盛りだくさん☆L(´▽`L )♪わっしょい♪

ほんと。昨日、今日と皆さまからのコメント、
   嬉しく読ませていただいとります!!!!!ヾ(●´▽`●)ノ彡☆

いつも、嬉しい感想をくださる皆さんに、
  初めて勇気を出してのあに励ましの文を書いてくれた方まで、

本当に、本当に、
 感激で申し訳ないほどです・・☆

その初心は今も変わらず・・

 ありがとうございます!!!!!


コメ返できてません。本当にごめんなさい!!

懲りずにほんとに、よろしくです(●>H<●)ノ♫♪
うふふ♪楽しんでいただけた方・・
   拍手もぽちり。お願いします~♪
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【*超短編妄想劇☆『仕事熱心なその男。』(完)】へ
  • 【*第5話。夜空に輝く月と星・・・(前)】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>izumile☆さん

わ~~うれしい♪
そういっていただけて、のあも嬉しいです♪♪

妄想劇にバージョンアップ版。
楽しんでいただけるよう、ちょこちょこアップ頑張ります!!!!
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【*超短編妄想劇☆『仕事熱心なその男。』(完)】へ
  • 【*第5話。夜空に輝く月と星・・・(前)】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。