更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2013 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312013 08

【  2013年07月  】 

スポンサーサイト

スポンサー広告

--.--.-- (--)

PageTop▲

#第4話。ボジンの決意(中)

#タムナ★本編『一緒がいい』

2013.07.25 (Thu)

「キム吏房(イバン)・・」ボジンが口からその名を漏らすと・・にっこり笑ったその人が、「こんにちは。   今日は私も牧使様に用があって・」そう言って、   ぺこりと頭を下げた。役人に手綱を引かれた馬に乗るキム吏房は、    ボジンが見上げると、ちょうど陽の光が眩しくて、       頭を下げたボジンには、よく、その顔が見えなかった。 (中井貴一似よね?ね?)「・・・・・・。」ぺ・・こり・・。頭を下げ...

PageTop▲

*第6話。月の明るい夜には・・・(前)

*美男ですね本編『星が輝く夜に・・・』

2013.07.21 (Sun)

「イケメンですね」星が輝く夜に・・・・☆第6話。月の明るい夜には・・・(前)ーばたんっ!!!テギョンは、片手でミニョを無理やり自分の部屋に入れると、                ミニョの後ろでドアを閉めた。テギョンの手に勢いよく引かれ、  ととととと・・    部屋へと入ったミニョ・・。バタンッ!!ミニョの後ろ、扉が閉まると、「あ・・・あの!!!    ヒョンニム・・」驚いた目で、ただテギョンを...

PageTop▲

#番外編『この目がいつも追いかけるのは・・』その5

#番外編★中編『この目がいつも追いかけるのは・・』完結

2013.07.15 (Mon)

はぁ・・   はぁ・・あちこち見て回った。あの時・・  手を払われた時・・それでも、どうしてその手を引き寄せなかったのかと、   何度後悔しそうになったかわからない・・。走りながら、どんな隅も逃さぬよう、   ただ一人の姿を求めて走ったキュ・・。はぁ・・キュの目が、   ようやく一点に留まると・・キュの目には  やや、俯きぎみに、歩く、ボジンの横顔が、映った。俯いたボジン・・   キュは見つめてい...

PageTop▲

*番外編『曇り、ときどき晴れもよう』2

*番外編☆短編~カン・シヌのお話

2013.07.13 (Sat)

「ふぅ・・。」ずらりと移動式の棚に並べられた小道具を、指示された通り移動させると、    まだ、ずきずきと脈打つ足を休めつつ、広くて丸い額の汗を、手で拭った。一瞬・・『まず足の手当てをしろよ。』痛む足首を見ると、  さっきの男の人の言葉を思い出したが・・「・・・・。」唇をきゅっとつぐむと、ーでもやっぱり・・    急がなきゃ!!手で支えつつふらりと立ち上がり、       ぱたぱたと、出ていった・...

PageTop▲

#番外編『この目がいつも追いかけるのは・・』その4

#番外編★中編『この目がいつも追いかけるのは・・』完結

2013.07.09 (Tue)

すたすたと、    パク・キュは後ろも振り返らずにその足を進めた。ザッザッザ・・人にぶつかるのも気に留めず、   ただ、前を向いて、歩き続けるパク・キュ・・。後ろへと・・  いつものように向けられた手は・・すでに・・自身の爪が食い込むほど握りしめられており・・・口は・・  きゅ・・と・・噛みしめられていた・・。「オ・・オラボニ!!!!      待ってってば!!!」人ごみに埋もれるように、    ...

PageTop▲

*番外編『曇り、ときどき晴れもよう』1

*番外編☆短編~カン・シヌのお話

2013.07.09 (Tue)

~A.N.JELLの巨大ポスターが貼られ、    煌々と画面の変わる、電飾看板が一面に飾り付けられた舞台・・~がたがたと、  あちこちにスタッフ証を首からぶら下げた人々が、動き回る・・。「これ、そっち持ってって~」あちらこちらから飛び交う声の中、同じように出された指示の声に・・「あ!   はいっ!!!」返事をすると、すぐに駆け付けた一人の少女・・。「これと、これと・・・   それにこれを・・ Bスタまで。...

PageTop▲

☆超短編☆番外編「癖になる。」下(完)

☆番外編★短編集★完結編

2013.07.04 (Thu)

すぅ・・・  すぅ・・・静かな寝息がその場に聞こえ、   穏やかな線を描いたその身が、緩やかにその息とともに動いた。つるつるの、肌・・。    長い睫・・じっと見つめたジェシンの目に・・  今の、そのすべらかな肌が・・    首・・肩・・腕まで広がり・・~~ぽちゃん・・  嬉しそうに口を緩め、    湯船につかりつつ、伸ばした細い腕に湯をかけるユンシクの姿・・~~あの日、湯桶に浸かったユンシクを思...

PageTop▲

☆超短編☆番外編「癖になる。」上

☆番外編★短編集★完結編

2013.07.02 (Tue)

さわさわと、気持ちのよい風が吹き・・   風通しがいい服・・ いや・・簡単に言えば・・そう・・ だらしなくも、所々生地は破れ、    どこで作ったのか、刀傷まで見える・・そんな道袍(トポ;外出着)を着ると・・ふぁぁ・・・誰にも臆することなく、    大きな口で欠伸をして、歩く・・・その男・・。周りを通る儒生たちはみな見ないふりを通し・・  儒・・生? そう。  ここは朝鮮内でも、誰もが入れる場所...

PageTop▲

*短編☆妄想劇『俺と彼女と・・それからアイツと・・』4

*番外編☆短編妄想劇『俺と彼女と・・それからアイツと・・』完結

2013.07.02 (Tue)

「私が、修道女として、シスターを目指していたころ、 施設でも、ボランティアとして、週に何度かお手伝いに行っていたのですが、  ギウと出会ったのは、そんなときでした。」ミニョが話すと、  シヌ・ジェルミ・ミナム・・それから、腕を組んで唇を尖らせたテギョンも、    ミニョの話を静かに聞いた。~~楽しげに庭先で遊ぶ子供たちに外れて、    一人、施設の玄関先にある階段で本を読む今よりも小さな、ギウ...

PageTop▲

前月     2013年07月       翌月

Menu

プロフィール

のあ

Author:のあ
ようこそ♪のあです♪大好きな韓ドラのその後の秘密のお話、ゆっくり・ほっこり、観てみてください☆

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。