更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2013 031234567891011121314151617181920212223242526272829302013 05

【  2013年04月  】 

スポンサーサイト

スポンサー広告

--.--.-- (--)

PageTop▲

#短編★妄想劇『君に誓って・・』2

#番外編★短編『君に誓って』完結

2013.04.27 (Sat)

髭のふっさりとした、義禁府(ウィグムブ)都事(トサ)が去ってしまうと・・ ぐるりと周りを見渡したボジン・・ イ・ソンジュがこの部屋を使っていたときにも何度か足を運んだことはあったが、   キュになってからは初めてだ。整えられて無駄に煌びやかな飾りが一切ないところは、   何も変わってはいなかったが、  どこか、違う雰囲気に、   とくん・・・ ボジンの胸が、音をたてた。~~婚礼をすませたボジンは、...

PageTop▲

#第1話。パク・キュの決意

#タムナ★本編『一緒がいい』

2013.04.27 (Sat)

「タムナ」のパク・キュとボジンの恋・・ドラマでは、きれいに終わっていましたが、気になって気になって・・・シーズン2、やってくれないかな~~と願う反面、視聴率の関係などからも、無理かも・・・と。それならば。。と、初めて、妄想の世界で続きを書いてみちゃった、初めての作品(●´艸`)ヾ最終回まで続けようと描きたい反面、  読み返すと最初の妄想劇の描写少なさに唖然・・ちっが~う!!やっぱり我慢できない!!!と...

PageTop▲

☆短編妄想劇☆『本を読む向こう側』下

☆成均館スキャンダル★短編『本を読む向こう側』★完結

2013.04.27 (Sat)

ゆっくりと、    それが解放されたとき・・・ぱ・・ち・・ぱちぱち・・放心状態で、目を瞬かせたユニに・・   顔を避けてソンジュンが言った。「だからだ。  目に触れると、すぐに触れたくなるから。 顔がそこにあると、  すぐに口づけたくなるから。 君がいるから勉強ができないというんじゃない。   それは言い訳で、本当は俺の忍耐が強くないだけだ。 ここにいてくれ。  もっと忍耐強くなるから。」う・・・...

PageTop▲

☆短編妄想劇☆『本を読む向こう側』上

☆成均館スキャンダル★短編『本を読む向こう側』★完結

2013.04.27 (Sat)

ここは成均館・・・朝鮮というこの国で 国の中心を司る王に従うべく、高級官僚となるには必須である科挙の小科試験という     最初の登竜門を潜り抜けた両班子息たちが、 寝食を共にし、   共に勉学に励む、国の最高機関・・の、寮のようなもの・・である。その中の一室・・・中ニ房は、特に、異質であった・・・。シン・・・  鎮まり返った部屋に、向かい合って座る、二人の整った、青年たち・・。一人は小柄な女にも...

PageTop▲

★第3話。それぞれの想い

★屋根裏部屋の皇太子★本編『時空を超えて・・』

2013.04.27 (Sat)

「屋根裏部屋の皇太子」 ★第3話。それぞれの想い  きゅ。 パク・ハが笑うと、 その手を繋ぐテヨンの手に、力が入った。 パク・ハからの視線に気づくと、 ふっと、   優しく   そんなパク・ハをを細めて見たテヨン・・口の端を上げて、     ほんの少し、歯を見せて笑う様子は・・ 本当に、パク・ハの頭の中から消えたことのない、   イ・ガク、そのヒトだ・・。 へへ・・   照れを隠すように笑...

PageTop▲

#短編★妄想劇『君に誓って・・』1

#番外編★短編『君に誓って』完結

2013.04.22 (Mon)

大きな太い木でできた、義禁府の門があった。その外を守る四名の門番の内・・   一人が判義禁府事が戻ってきたのを確認すると・・     その、大きな門を開いた。若く、それでいて機転の利く新しい判義禁府事は・・  同時にとても美しいとも、有名であった。「おかえりなさいませ!!」門番がそう言って声をかけると、 黙ってその門番を見た後、   頷いて中へと入った新判義禁府事・・「何か変わったことはなかったか...

PageTop▲

前月     2013年04月       翌月

Menu

プロフィール

のあ

Author:のあ
ようこそ♪のあです♪大好きな韓ドラのその後の秘密のお話、ゆっくり・ほっこり、観てみてください☆

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。